お知らせ

1vs1で勝つためには 攻撃編

サッカーはチームプレイだが「個」の能力は必要不可欠

サッカーでは、チームとしてどう戦うかとういう点が注目される傾向にあります。

しかし、どのような組織・戦術があったとしても最も根本的な部分である1対1でで勝つこと、個人で勝つ事ができなければ、組織・戦術は成り立たなくなってしまいます。

より組織的になってきているからこそ、強烈な「個」が必要なのです。

サッカーのベースとも言える1対1に関して大切なポイントを見ていき、個人で局面を打開できる選手、個人で奪える・守れる選手を目指していきましょう。

サッカーはチームスポーツであり、組織力が求められる競技です。しかし、組織を作ったとしても局面の1対1で負けてしまえば試合に勝つことはできません。

一回の1対1の負けから組織が次々と崩れていくというのはサッカーではよくあります。

1対1で負けないような強い個が集まって初めて強い組織が生まれます。組織的なプレーも大切ですが、最後は1v1に勝てるかどうかという部分に注目されます

1vs1 攻撃編

攻撃での1vs1では大きく2つの種類に分かれます。

①突破するための1対1
②ボールキープのための1対1

自陣なのか相手ゴール前なのか?点を奪いに行くのか試合を落ち着かせるのか?あらゆる状況に応じて1対1の種類を変えなくてはいけません。

①突破するための1vs1

相手をドリブルで突破します。

待ち構えるDFに対してドリブルを仕掛けていき、フェイントやスピードの緩急を使い分け相手を抜きます。主に相手ゴール前などで必要とされるドリブルです。

1対1で突破することができれば、それだけで数的優位の状況を作り出すことができます。そのような突破ができる選手は攻撃に必要な選手になれるでしょう。

相手の逆をつく

突破するためには相手の逆をつくことです。

DFが間合いでミスをしているようなら、その隙を見逃さずに一気にスピードで抜きにかかることができますし、相手が良いポジショニングをとっているならフェイントで相手を動かしその逆を取ります。

コツ
ゴールを目指しドリブルをしながら相手をよく観察します。
単純に1つのゴールだけを目指すのではなく、相手の動きを見てフェイントで逆をとったりすることが重要です。

②ボールキープのための1vs1】

相手にボールを奪われないようにドリブルをします。

先ほどの突破のドリブルとは違い、ボールを奪われないことが最優先となります。

ゲームコントロールを得意としている多くの選手はこの1対1がうまく簡単にボールを奪われません。。

ボールを奪われないために大切なこと

ボールを奪われないために大切なのは「コース取り・ボールの置き所・体の使い方」です。

スピードはそれほど必要ありません。相手のいないスペースに正確に運びます。ボールも相手から遠い足で運んだり、相手の届かない場所に置くことが基本です。

相手が奪いにきてボールを失いそうになっても、しっかり相手に体を当てると同時にコースに入りボールを守ります。

【コツ】
ただボールを触って逃げ回るのではなく、奪いに来る相手とボールの間に素早く体を入れてボールを守ることが大切です。
その際も手を使ってブロックしたり体の使い方を覚えます。
特に、ボールキープでは体の使い方が重要で、体を相手ににうまくぶつけたりできる選手は非常にボールキープ力が高いので意識したいポイントです。

これらを意識して練習に取り組み「個」の能力のレベルアップにつなげましょう!

次回は守備編です